砂子帖

日々の出会いを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

堂島ロール

川崎ラゾーナの2Fルーファ広場に面するスイーツのモンシュシュ。
この店は毎日毎日行列ができていて、特に土日ともなると開店時間の1時間前には既に50人くらいが並んでいます。まるで、新宿や有楽町のクリスピー・クリームドーナツのようです。
この堂島ロール。名前からわかるように大阪梅田の堂島に本店があります。大阪市内には他に肥後橋や南堀江にもあるそうです。今度大阪に出張に行った時に本場でも行列ができているか確かめに行ってきます。
そうそう、ドーナツといえば、4月1日に川崎駅前のビューティーモアーズにミスタードーナツが再オープンします。深夜0時まで開いているので仕事帰りに寄る機会が増えそうです。
DSCN0728.jpg
【閉店後のモンシュシュ】

モンシュシュのホームページ
スポンサーサイト
このページのトップへ

曹洞宗總持寺

川崎駅からJRで一駅目の鶴見駅から徒歩5分。
約50万㎡の広大な敷地に、道元を祖とする曹洞宗の大本山總持寺があります。
越前の永平寺と並ぶ總持寺には今でも多くの修行僧が日々修行を行っており、この日も大勢の若いお坊さんが境内の清掃をしていました。
広大な敷地の為、都心のど真ん中とは思えない程静寂に包まれていました。
明治時代に石川県から移ってきただけあって、近代的な大きな建物が特徴的でした。

画像 568
【いざ總持寺へ】

画像 569
【参道から山門を臨む】

画像 573
【仏殿】

画像 574
【大祖堂】

画像 576
【静寂な敷地】

画像 577


このページのトップへ

三嶋大社

伊豆国一宮で大山祇神・事代主神の二神を主祭神とする三嶋大社。
その名は古く延喜式にも記されている。
平安後期には源頼朝が戦勝を祈願したという。
画像 564

三嶋大社は三島市の市街地にあり、三島駅から徒歩5分の距離にある。
春は桜が一面に咲き誇り、伊豆の人々が集まってきます。
平日にもかかわらず、大勢の人々が桜を堪能していました。
三嶋大社名物の、リーゼント頭によく似た福太郎餅。福太郎茶屋でお召し上がりください。
画像 562
【桜満開中】
画像 561
【正門から本殿に向かう道】
画像 567
【福太郎餅】
DSCN0717.jpg

このページのトップへ

名水百選「柿田川湧水群」

静岡県清水町(※清水区とは違う)の国道1号線沿いの市街地のど真ん中に、
突然1日70万tもの水が湧き出る柿田川湧水群がある。
この辺りの国道1号は富士から沼津への大動脈で、かなりの交通量を誇り、
普通に走っていると全く気付かないだろう。
ここに湧き出てくる水は、富士山の伏流水で半年から数十年をかけてここに流れてくるそうだ。
柿田川の水は、日本で唯一の南から太平洋に注ぐ一級河川の狩野川に注ぐ。
画像 555
【草葉から突然現れる水】
画像 556
【地中奥深く水は常に湧き出る】
画像 559
【湧き水だけでこの水の量】
このページのトップへ

開花亭~由比の桜エビ~

主要な大動脈が一箇所に集中することから東海道のアキレス腱とも称される由比。
実際、国道1号線を沼津方面に走っていると、海側に東名高速、陸側に東海道本線、そしてその横には新幹線がトンネルの中を走っている。
古くは東海道の日本橋から16番目に数えられる由比宿。歌川広重の絵には右に絶壁、左に太平洋、そして正面には富士の山が描かれている。

そして当然桜エビが有名な由比。
「開花亭」に行ってきました。桜エビ最高!!桜エビ御前は、まさに桜エビづくし。
桜エビの生えび、ゆげえび、つくだ煮、かきあげ・・・。
由比で桜エビを食べるという日本の贅沢を堪能しました。
画像 550

ごちそうさまでした・・・。

開花亭のホームページ
このページのトップへ

三保の松原

羽衣伝説で有名な静岡は清水の三保の松原。
深夜遅くまで降り続いた雨もあがり、駿河は最高の天気になりました。
静岡駅から車をかっ飛ばし、登呂遺跡、いちご街道、久能山東照宮を越えて、約30分で三保に到着して、車から降りると、そこには70万本もの松の木が一面に広がっていました。
駐車場から海岸の方に進むと、天女伝説の舞台である「羽衣の松」がありました。
眼前には太平洋、左右には松林。
残念ながら富士山は少ししか見えませんでしたが、新日本三景に選ばれるにふさわしい名勝でした。
DSCN0671.jpg
【駐車場からの入口】

画像 527
【伝説の松】

画像 530
【太平洋には小さな漁船が】

画像 529
【松林は7㎞続いています】

画像 533
【本日のベストショット!!】




【 羽衣伝説 】 
昔々、三保の村に伯梁という漁師がおりました。ある日のこと、伯梁が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」ところが伯梁は大喜びして返す気配を見せません。すると天女は「その羽衣がないと天に帰ることができません」と言って泣き出しました。伯梁は天上の舞を見ることを条件に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣をまとって舞を披露。やがて空高く天に昇っていきました。

このページのトップへ

映画『ノーカントリー』

今年度のアカデミー賞を4部門も受賞した『ノーカントリー』(作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞)
観終わった感想は??
よくわかりませんでした。日本人とアメリカ人の価値観・人生観の違いなのか?
『SAW』とどこが違うのか?
恐らくキーワードは、コイン(神?)が人生を選択する運命、ベトナム帰還兵、過去と現在のアメリカ社会・・・なのだろう。
アメリカ社会がわかっていないと難しい映画でした。
画像 463
このページのトップへ

玉木宏inラゾーナ

ラゾーナにもついに玉木宏がやってきました。
コンサート&握手会が開催されすそうです。
開始の2時間前。会場は熱気ムンムンです。
DSCN0605.jpg
このページのトップへ

グルメ情報①

やっぱり一番のご馳走は、いつでもこの3品
セブンイレブンではおにぎり100円フェアを実施していました。
画像 462
このページのトップへ

ビューティーモアーズ

川崎駅前にあるモアーズのすぐ隣に、ビューティーモアーズが4月1日にオープン。
以前のポンコツビルにはミスタードーナツがあったので、工事が始まって閉店した時は
号泣する気持ちになりました。
工事が始まって1年以上?
やっとビルが完成したのに・・・・、ビューティーモアーズ?
エステやサロンばっかり・・・。
残念な気持ちでいっぱいのところに、ミスタードーナツの文字が??
1~3階はミスタードーナツのようです。
ラッキーガラポン!!ハニーディップとココナツチョコレートが好物です。
画像 458


新しいモアーズのホームページ
このページのトップへ

神戸ランプ亭

ダイエーグループの和食事業として1993年に創業された「神戸ランプ亭」
京急川崎駅から市役所方面に歩いていくと、僅か1分でその姿が見えてきます。
店内には会社の由来が掲示されていました。

明治のはじめ、新しい時代の幕開けと同時に港を開いた神戸には、外国の文化を取り入れた文明開化の波が押し寄せてきました。牛肉料理が日本人の食生活に浸透し、素朴なガス灯のランプが街を照らしたのも、ちょうどそのころ・・・・・。「神戸ランプ亭」の名前には、牛どん発祥の地といわれる神戸で庶民の味として親しまれた牛どんの変わらぬおいしさと、人々をあたたかく包んだランプの温もりを今に伝えたいという願いが込められています。 【店内看板より】

そのわりには本社は浅草なんですね。牛どんで我々庶民の心はあたたまりません。
当然ガラガラです。
画像 461
このページのトップへ

ラゾーナ情報

ラゾーナ2階に「ANNA SUI」がオープンしました。早速、店の前を通ってきました。
また、3月22日(土)に日本を代表するスーパースター玉木宏が来ます。

今日はヒーローズベースに神谷明が来たそうだ。見逃してしまいました

玉木宏
このページのトップへ

銀河

昭和20年代から走り続けてきた「銀河」
東京から大阪を結ぶブルートレインです。
3月15日に行われるJRのダイヤ改正で、「なは」・「あかつき」とともに姿を消す。

いつか乗ってみたいと思っているが、なかなか乗る機会がないブルートレイン。
いつか、いつか、いつか・・・・・
そのいつかが実行されないうちに「銀河」も消え去ってしまいました。

思い立った時にチャレンジすることが大事だと思いました。

画像 445
品川駅最後の銀河の文字
画像 453
多くの人が集まりました。哀愁に浸ります
画像 457
品川を出発する銀河。「ありがとう!銀河!!」の声がホームに響き涙を流している人もいました。
このページのトップへ

ブルーマン

アメリカンエンターテイナー
理解不能!

画像 397
このページのトップへ

イタリア食堂の現状

3月2日に紹介したイタリア食堂。
今日覗いてみたら案の定誰もいませんでした。
予想通りでした。
川崎に出店の際はご相談ください。的確なアドバイスお任せください。
このページのトップへ

ナンジャタウンが熱い!!

3月20日(祝)より、池袋のナムコ・ナンジャタウンでは、メガメニューを集めた『ナンジャ☆メガフェスタ』が開催される。アイスクリームシティでは「メガパフェ」、餃子スタジアムでは「130㎝のメガ餃子」、りらくの森では「メガリラックス」等のビックリメニューが盛りだくさん。春休みはナンンジャタウンが熱い!
このページのトップへ

ラーメン天下一品

川崎銀座街にあるラーメン店の天下一品。
天下一品は京都に本社を置くチェーン店で、本店は京都市左京区一乗寺にある。
こってり味とあっさり味があるが、ほとんどの客はこってり味を注文しているように、こってりスープを看板にかかげている名店である。
この天下一品は京都に本店があるため、近畿各県に支店がある為、川崎で見つけた時は懐かしく思い、これまで数回通っている。もちろんこってり味を注文している。
画像 444


かつて入社した頃、彦根店によく通いました。入社最初の配属地が滋賀県彦根市で、勤務後に国道8号線沿いにあった店に車をかっとばして行ったものです。
国宝彦根城でも有名な街ですが、実はチャンポンの店がたくさんあります。また、ナンジャタウンの餃子スタジアムで有名な「包王」も彦根が本店。また、石田三成に過ぎたるものと言わしめた佐和山の城跡があり、非常に興味深い街です。
このページのトップへ

品川インターシティのフリマ

品川インターシティでは毎週日曜日にフリーマーケットが開催されている。
インターシティは隣のグランドコモンズを含めて、平日はビジネスマンでごった返している。
一転、日曜日のこの場所は近隣から多くのおば様達がやってきます。
特に女性の衣料品が豊富で千円もあれば大抵のものが購入でき、今日もたくさんの人で賑わっていました。男性モノはあまりなく、まあまあのジャケットがあったので買おうと思ったけど六千円もしたので諦めました。
画像 443
このページのトップへ

陰日向に咲く

劇団ひとり著『陰日向に咲く』が原作の映画。
前から観たいと思い、ついに「チネチッタ」で観ることができました。

誰もが心の奥にもっている過去の自分の行動に対する後悔。
それでも行動を変えることができない人間。
そんな弱い心を持ちながらも一生懸命生きる人々の喜怒哀楽を表現した秀作でした。

画像 442
このページのトップへ

溝の口のFoodiun Bar 一瑳

久しぶりに溝の口に行って参りました。
溝の口には約3年間住んでいましたので、少しの変化にも気付きました。
駅前の飲み屋に行って参りました。
おしゃれなカクテルが多数ございました。
「Foodiun Bar 一瑳」。おしゃれだったけど、三間堂や甘太郎でおなじみのコロワイドが経営しているのですね。
画像 439

このページのトップへ

2025年開業を目標に、東京~大阪をリニアモーターカーの結ぶ計画が具体化してきた。建設費は5兆円を超えるとも言われているが、JR東海が全額負担する方向だそうだ。
計画では奈良県を通る予定で、奈良県北部に駅ができるそうです。恐らく「こだま」的なものしか止まらないと思うが、東京から1時間で到着するそうです。
開業予定まであと17年。想像するだけで恐ろしい・・・・。

リニア中央新幹線のホームページ
このページのトップへ

さいかや藤沢屋上の豊川稲荷

さいかや藤沢店屋上にあるアミューズメントコーナの一角に、こじんまりとした豊川稲荷の別院がある。画像 427

この豊川稲荷は、伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社と並び、3大稲荷豊川稲荷の一つに数えられている。(伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社、笠間稲荷神社の説もあり)

豊川稲荷へは名鉄豊川線の豊川稲荷駅が便利です。

このページのトップへ

天龍 銀座街店

川崎駅前には中華料理の天龍が4店ある。
その中で本店を差し置いて、最も客数が多いのが銀座街店です。
川崎に来られた方も、天龍といえば銀座街店を思い浮かぶのではないでしょうか?
本格的な中華料理店なのでメニューの数も多々あれど、お薦めはベタながらタンメンと餃子です。
タンメンと餃子と大盛りごはん、これだけ食べて900円。庶民の味方のお店です。
画像 429


画像 431
有名なまずいの逆さ形
このページのトップへ

湘南モノレール

JR東海道線大船駅から湘南江ノ島までの約7キロを結ぶ湘南モノレールの乗ってきました。
モノレールといえば大阪モノレールや羽田空港モノレールを思い浮かぶが、このモノレールはこれらとは違い、モノレールには大阪や羽田のような跨座式と、湘南や千葉のような懸垂式とに大きく分類される。記憶が正しければ、懸垂式のモノレールに初めて乗った。
大船の駅を出発して加速の速さにびっくりした。懸垂式の影響だろうか?宙に浮いているジェットコースターに乗っている気分だった。また、住宅地を道路に沿って走っている為、今までには見たことのない景色が広がっていた。例えば、信号機を真横に見たり、手が届きそうなくらい近い住宅の瓦。
また、途中にトンネルもあったりして全く飽きない江ノ島への旅でした。

画像 422
大船駅のモノレール乗り場。線路はありません。

画像 423
結構レトロチックな車輌です。

画像 424
江ノ島を望む

四六時中も好き~と言って~♪♪
このページのトップへ

イタリア食堂

2月11日、砂子通から橘通りに入ってすぐのところに「イタリア食堂」がオープンした。
画像 416

この通りは人通りは少なくないが、イタリア料理店が繁盛するような場所ではないと思う。
入り口の間口も小さく、イタリア料理を食べに行く!!というわくわく感もない。
味で勝負するには時間の流れが速い街なので不安です。
実はこの店、宮崎地鶏の黒木屋と同じで㈱KID’Sという会社が運営している。
もつ鍋木村屋も同地域でオープンさせており、半径50M内に立て続けに3店を僅か3ヶ月でオープンさせたことになる。
個人的にはども店も危ないんじゃないかと思うので、潰れる順を予想してみました。

本命:もつ鍋木村屋
(理由)仲見世に面している立地は最高。しかし、雑居ビル2階にあり看板も目立たない。もつ鍋だけでやっていけるのかも不明。呼び込みもない。厳しいでしょう・・・。
対抗:イタリア食堂
(理由)近くに老舗「モナリザン」がある。デート向きだが対象者が少ないのでは・・・。一度味を確かめに行ってきます。
単穴:宮崎地鶏木村屋
(理由)木村屋と同じく仲見世に面している。客の数より呼び込みの方が多いのには驚かされる。味は及第点だが量が少ない。今後に期待だがチェーン店だけに大幅な変革はないと思われる。

「イタリア食堂」のホームページ
運営する㈱KID’Sのホームページ
このページのトップへ

長崎屋

スーパーマーケット長崎屋の2店舗(溝口、柏)がドン・キホーテに業態転換するらしい。
かつては名門だった長崎屋も1990年に起きた尼崎店での火災以降、完全に企業としての勢いは止まり、2000年に会社更生法を申請した。
長崎屋は今でこそ、全国で50店舗程しか営業していないが、かつては100店以上日本全国に存在していた。関西にも枚方や寝屋川にあったのを覚えている。今では、近鉄奈良線に乗ると外環状線を越えたあたりに車窓から見える瓢箪山店ぐらいか?
コンビニのサンクスを生み出したあの頃の勢いは全くない。
2007年10月にドン・キホーテの傘下になった時から危惧していたが、今後は駅前の立地のよい店舗は、ドン・キホーテに鞍替えして、それ以外の店舗は閉鎖・売却されるだろう。
イオンに買収されたら名前は残せたのに残念です。

このページのトップへ

新名神高速道路が開通!!

2008年2月23日、草津田上IC~亀山JCTの間に高速道路が開通した。
名称は新名神高速道路という。草津田上で名神高速道路、亀山で東名阪道と接続している。
距離は約50キロで僅か40分で着いてしまう。
よくよく考えてみると草津から亀山が僅か40分。これは素直に驚きました。こんな近かったの?
高速道路はすごい。。。道路特定財源の凄さも併せて思い知りました。
関西に行った時は是非橋ってみたいが、奈良県の人にとってはメリットはないですね・・・。


国道1号線は草津から南下して亀山に向かっている。一方、新幹線と東海道本線と名神は米原方面に北上している。国道1号線は旧東海道なので、本来はこのルートこそ王道なのかもしれない。
新名神高速道路のホームページ
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ワープマン

Author:ワープマン
世界で一番楽しいブログ

最近の記事

フリーエリア

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

バンダイチャンネル

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。