砂子帖

日々の出会いを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

さて、
私たち人間の無常な生涯をよくよく思いめぐらしてみますと、
この世に生まれ、育ち、命尽きるまで、
まるで幻のような一生であります。
この世に生を受けて一万歳生きた人がいるとは、
いまだかつて聞いたことがありません。
一生はあっという間に過ぎてゆくものです。
いったい誰が、今の私の姿のままで百年の命を保つことができましょうか。
私が先に逝くかもしれないし、他の誰かが先に逝くかもしれません。
今日終わる命なのか、それとも明日なのか、そういうことも分かりません。
大切な人が先に逝ってしまう日も来れば、私が先に旅立つ日も来ます。
草花の雫や葉先の露が消えてなくなるよりも、それ以上に人間の生涯は儚いものです。
ということは、
朝には夢と希望に満ち溢れていても、
夕方には白骨となることもあるいのちを生きているということなのです。
今、無常の風が吹いたならば、
二つの眼はたちまちに閉じ、
呼吸は永遠に途絶えてしまいます。
血の通った顔もはかなく色あせ、
桃や李(すもも)のような瑞々(みずみず)しい美しさも失われてしまいます。
無常の風が吹いたその時、
家族や親族が集まり 歎き悲しんでも、
元気な姿を再び見せることはありません。
いつまでも悲しんではいられないと、
火葬し、夜中、火も燃え尽き、煙が立ち昇る頃には、
後にはただ白骨が残るばかりであります。
悲しいというだけでは言い尽くせません。
このような人間の厳粛な事実は、老いも若いも関係ありません。
誰も避けては通れません。
だからこそ、「あなたはその事実を受け止め、どのように人生を歩んでいくのですか」と、
亡き人から問われているのです。
親鸞聖人は阿弥陀如来を頼りとしなさいと教えてくださいました。
阿弥陀如来は、無常なる人間を(人間が無常であるからこそ)救いたいと願われました。
その願いに包まれて、私は生きています。
そのことを想うとき、
自然と「南無阿弥陀仏」と念仏の声が出ます。
亡き人は、
阿弥陀如来の慈悲の心を、
この私に示してくださいました。
私を生かす教えに出会えたこと、
有り難いことです。大切にいただきます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ワープマン

Author:ワープマン
世界で一番楽しいブログ

最近の記事

フリーエリア

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

バンダイチャンネル

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。